PANDEMIC

ゲーム|2020

Ragnar Thomsen

慶應義塾大学大学院

COVID-19のパンデミックは、世界中で100万人以上の死者を出しました。グローバル化により、COVID-19以降もパンデミックは増えると予想されます。そして今回のパンデミックの様にマスクを着用するなど、簡単に感染拡大を阻止する手段もあります。ところが、多くの人々は無責任に行動しています。原因としては病理学的な原理を理解するのが難しいという理由が挙げられるかもしれません。更に、マスクを着用することがどれほど効果的か、1日あたりの感染量が波のように上下するかを理解していない人もいます。この様な無知から彼らは無責任に行動するのだと予想されます。このゲームは、SEIRモデルを使用して、疫学者によっても使用されるウイルスの拡散をシミュレートしています。このゲームのウイルスはSARS-CoV-2に似ており、R0は2.5です。このプロジェクトの目標は、マスクを着用するなどの特定の対策がいかに強力であるかをプレイヤーが自分で体験することです。