私はモチーフ

アニメーション|2020

羅 絲佳

東京藝術大学大学院

音楽とアニメーションの類似性、アート作品の構造と人間関係の類似性、これらの私の視点をほかの人と共有したいと思った。考えを整理した後に、「モチーフ」というキーワードに辿り着いた。言葉の曖昧さこそ、違う領域を繋いでくれると感じた。単語や固定観念で記号化された個人という現象に、私は問題意識を持っている。音符・絵の記号・立体物のモチーフ達は、「私」という自己概念に対する疑問や困惑を代弁してくれた。

審査員コメント

  • 音を記した音符、自由な形になれるボールの絵、そして太陽の光を反射する月の3つの円形をしたモチーフ。お互いがそれぞれの存在について話し合い、後半はそれぞれが自由に自分のあり方を模索しているように見える。その対話を聞く第4の存在と、最初と最後に登場する「私」。クリエイターであれば共感できる、映像作品を制作する作家の思考プロセスを見ているように感じる作品。

    村上 寛光 アニメーションディレクター/プロデューサー/株式会社フリッカ代表