Calmbots

インタラクティブアート|2020

佃 優河 田上 大智, 貞末 真明, 鈴木 紫琉, 盧 俊利, 落合 陽一

筑波大学

融解し生活空間に浸透したインターフェースはあたかも生態系のように振る舞うのではないか? インターフェースとは、界面や接触面を意味する英語が転じた、コンピュータと人間の接触面を指す言葉である。我々は普段、限定的な接触面を通じてコンピュータと接触している。しかし、この接触面が限定的である必然性はどこにあるのだろうか? 本作品は生活空間に偏在し変幻するインターフェースの提案を行う。ゴキブリは高い移動性能、潜伏能力をもち、我々の生活空間に偏在している。彼らをインターフェースとして用いることで、接触面は融解し生活空間へ浸透する。 では、生物によって生活空間に浸透したインターフェースは、どのような形質を持つのだろう?インターフェースは、生物による自己メンテナンス性、アルゴリズムによる自動制御、デジタルファブリケーション による多様な機能を獲得した。有機生命体と無機生命体の新たな関係性を生み出すインターフェースをある種の生態系として見ることはできないか?「小人の靴屋」のように振る舞う生態系に人類は包まれ、生物とコンピュータだけでなく、我々と生物、我々とコンピュータの関係性は変化する。