I see a mechanical ghost

インスタレーション|2019

増田 麻耶

多摩美術大学

本作品は、”機械”という言葉とその表象の問題を皮切りに、機械という存在が人間のものの見方に与えてきた影響について言及するものである。『アンチ・オイディプス』においてドゥルーズ/ガタリが述べた、「全てのものは機械である(機械として表象しうる)」という言説を主題として、日用品の組み合わせによって偶然的に生まれる”機械らしきもの”や、”機械らしさの記号化”によって起きる見間違い、錯乱の現象について扱う。本作品の背景には、スペキュラティブデザインやSFに頻繁に見られる白い躯体、シンプルでミニマムなフォルム、ガラス張りなど共通言語に対する抵抗があり、これらの記号を超えて、機械の概念の拡張を探るものである。

審査員コメント

  • インスタレーションの空間配置や照明など、演出センスに優れた作品。アニミズム的感覚をいかに現代アートの作法に落とし込むかは腕の見せどころである。一方で、オブジェクトの選びかたや動きのユニークさを追求するなど、工夫できる余地はさらにある。ゴーストというテーマを掲げるのであれば、オブジェクトたちの環世界を観るものに想像させるような「ひねり」がほしいところ。この作品のオリジナリティをさらに追求してほしい。

    塚田 有那 編集者/キュレーター