Swimmers

インスタレーション|2019

米澤 柊

多摩美術大学

本作はアニメーションの質感についての作品である。 現代のアニメーションは、主にスマートフォンやyoutube、パソコンやテレビなどのデジタル媒体によって身近に鑑賞することができるメディアとなっているが、ここでいうアニメーションは、この世の中に発表する・しないに関わらず作家や個人の世界観でアニメーションソフト・作画用紙に向き合った時に手描きで生まれる個人アニメーション(自分自身の人生の蓄積のよって生まれるもの)とする。本作品3点は、現実の”モノ”とディスプレイを泳ぐ”アニメーション”の関係性によって、存在しないはずのアニメーションを画面から現実に引きずり出すことの試みである。それによって無いものの存在、生きている”感じ”とは何かを考える。

審査員コメント

  • 絵の描写力や、アニメーションの躍動感を以てしても、それはやはりディスプレイの中のできごとで、現実と画面の中の世界を隔てる薄くて透明な板の存在感は思いの外大きい。本作はその描写の技量だけでは超えられない問題、薄いようで厚い強固な板に対して、外部の物質を媒介物とすることで、その境界を融解させようと試みている。画面に対してアプローチする「物」の持つ特性が、抽象的な図像を具象的なイメージの想像へと誘い、三者三様のアニメーションにおける質感の違いを表出させ、より瑞々しいアニメーション表現へ昇華させることに成功している。

    やんツー 美術家