向かうねずみ

映像|2019

築地 のはら

東京藝術大学 大学院

ART DIVISION BRONZE

10月11日、私の24歳の誕生日に築地が豊洲へ移転した。推定1万匹いるとされるねずみ達は突如楽園を失った。一匹のねずみは旅に出た。向かう場所は分からないけれど、とにかく向かう事にした。

審査員コメント

  • アニメーションによる歩くネズミの姿を、モバイルプロジェクターによって路地に投影し、それを追いかけるようにカメラで撮影した映像作品。

    なんてことないようで、場所の選択に工夫が見られたり、投影と撮影が丁寧だったりで、感心しました。ラストの海のシーンはとても美しく幻想的で、アニメーションを使ってこんな映像が作れるのかと驚きました。

    市場が築地から移転したことによるネズミ問題という、ちょっとした時事ネタを押し付けがましくない程度に入れ込んでいる部分も素晴らしかったです。

    一点、足音が絵とズレているのだけが残念でした。いっそ、ジャンプや転倒時の音は無くしてしまい、ネズミの足音なのか撮影者の足音なのかハッキリさせない作りにしても良かったかもしれません。

    大山 慶 プロデューサー/株式会社カーフ代表取締役