かぜの日

アニメーション|2019

平井 あかね

多摩美術大学

ENTERTAINMENT DIVISION BRONZE

「大人になるということ」をテーマにした作品を作ろうと思い制作しました。私自身が成人する際に「新たな旅立ち」、「自立」、「心機一転」といった前向きな気持ちになることができず、苦しかったからです。自分自身が素直に感じた、大人になりたくないという気持ちを、風邪をひいた少年の本当は母親に甘えたい、おんぶしてもらいたいという気持ちになぞらえてストレートに表現しました。アニメの中でくらい、無理に頑張らずに、真冬の朝に暖かい布団で2度寝するような心地よさを感じて欲しいという思いを込めました。

審査員コメント

  • クレヨンや色鉛筆などの異なる質感の混ぜ方がとても素晴らしい。
    引き絵&寄り絵の使い方やレイアウトも上手く、引き込まれる。
    昨年のコンテストで評価員賞を入れた平井さんの作品ということに後に気付き、納得の作品であった。

    須貝 真也 CGIディレクター/サブリメイション