わたしを見ないで

その他(絵本)|2018

サカグチ カリン

多摩美術大学

わたしが中学生の時訪れた保健所で出会った犬は、ただじっとわたしを見つめていました。彼はその翌日、殺される予定の犬でした。
大きな社会問題でありながら、普段あまり意識することのない殺処分問題について再認識させることを目的として制作したノンフィクションの絵本です。
殺処分される動物達の数は年々減少していますが、未だ0ではありません。
わたしたちが動物を飼うとき、考えなければならないことはなんでしょうか。

審査員コメント

  • ペットについての問題は過去から随分と長い間解決に至っていない事もあり、作品として目新しい内容ではないのですが、こちらの作品はこれから生き物を飼おうと思われている方に対して改めて命の責任を感じさせることができる、完成度の高いものになっていると感じました。親しみやすい絵柄や構図に加え、文章も幅広い世代に届くような形になっていますし、途中に入ってくる写真もショッキングで、それまでの絵柄とのギャップもかなり効果的に機能していました。是非広めていってほしい取り組みだと思います。

    井口 晃慶 評価員