おばけの信号

アニメーション|2018

濱川 琴未

秋田公立美術大学

作者Webサイト https://kotohitsuji.tumblr.com

自分のことを信号機だと思い込んでいるおばけの話。 信号機らしさに励むも、誰にも見てもらえずにいる。 やり切れなさやもどかしさを抱えた日々をどのように過ごすか?という迷いに対する答えとして制作した。

審査員コメント

  • 自分はアニメーションの専門家ではないので、専門的にコメントすることはできないが、本作は数あるアニメーション作品の応募のなかも、とくに「素直な作品」だと感じた。

    赤・黄色・青という 3 兄弟の信号おばけが、実写の映像の上に半透明にかさなり、うろうろとしている。作品には音声がなく、コマの動きもぎこちなく、絵像も明瞭ではない。でも、そのおばけの動きや、ふっくらとしたキャラクターがどうも気になってしまう愛着を感じさせる。

    アニメーションの応募作の傾向として、「アイデンティティ」をテーマとしたものは少なくない。本作もそういったテーマを含み扱いながら、お化けの信号というどうしようもなく不器用で可愛らしいキャラクターによって、ほっておけないと思わせる魅力のある作品だ。

    萩原 俊矢 評価員