ワガママにワガミチ

映像|2017

藤吉 香帆

デジタルハリウッド大学

自分が今まで切磋琢磨してきたダンサーを出演者に迎え、私たち世代が一番思い悩む、「就職活動」を題材に、若者の自分とは何かというもがきを、言葉のいらない表現として感情面状況面どちらもダンスで表した作品です。

審査員コメント

  • 全体的にトンマナが統一されており、シーン展開のバランスも良いため見ていて気持ちよさを感じた。メッセージ性もありおもしろい。ただ全体を通してストーリー性が感じられず、表現のみになってしまっている印象がある。強いメッセージを乗せているし、表現にも凝っているので、是非それをどうやって伝えるかのストーリー(話としても、構成としても)を作り込めるとよかった。

    熊崎 一生 アートディレクター/博報堂アイ・スタジオ