リーゼントさんどこへいく?

アニメーション|2017

しょーた

東京造形大学大学院

本作は「インパクトが残る、楽しい作品」というコンセプトの元に制作しました。私は学部時代から観客を愉快にさせる作品を目指してアニメーションを造ってきました。これまで制作してきた作品は起承転結や脈絡の枠に収まりすぎた作品が多かったので、この作品ではあえてそのようなものを崩すことに挑戦し、尚且つただメチャクチャなだけではなく1つの作品としてまとまるような仕上げを心掛けました。インパクトの強い作品にするために、タイトルをシンプルにしたり、耳に残るフレーズを考えたり、自分が小学生の頃ラクガキで描いていたような世界観を取り入れたりと、自分なりに色々と工夫をしました。子どもから大人まで幅広い層に観て頂きたい作品です。

審査員コメント

  • 勢いに押し切られるような変態的でパワーの有る作品。歌も動画を見た後暫く残ります。どことなく感じる可愛さや気持ち悪さも作品に良い味付けがなされていました。作品の各所から独特の尖った雰囲気を感じることが出来たので、今後の作品も楽しみにしたいと思います。

    井口 晃慶 クリエイティブ部 グループマネージャー/KLab