くらまの火祭

アニメーション|2017

谷 耀介

東京藝術大学大学院

作品Webサイトhttp://tanippee.tumblr.com/

京都は鞍馬の由岐神社。ここで毎年行われる奇祭、鞍馬の火祭。ドキュメントとファンタジーが交錯しながら、人とカミ、妖怪たちが一緒になって祭りを作り上げる。この祭りの持つ、民俗学的な背景やアニミズム的世界観をダイレクトに映像の中に描いた。物理的な制限のない記録性を持ち、より抽象的なドキュメントの価値を生み出す。

審査員コメント

  • これだけの情報量を制作されるだけでもかなりの物量を処理する必要が有ったにも関わらず、大変丁寧にこだわって作られている作品。キャラクターはそれぞれ味があり、表情や動作も良い。要所要所に入っている尖った構図も作品を印象付けるものでした。現時点で作家性がかなり有る方と感じましたので今後も丁寧な作品作りを続けて頂きたいと思っています。

    井口 晃慶 クリエイティブ部 グループマネージャー/KLab