インターネット地域メディア「オホーツク島」/特定の地域にまつわるクリエイティブ・コミュニティ形成のためのメディアの可能性/インターネット地域メディア「オホーツク島」とその制作活動

ウェブ/ パフォーマンス/メディアリサーチ|2017

佐野 和哉

情報科学芸術大学院大学

作品Webサイトhttp://sanokazuya0306.com

インターネット地域メディア「オホーツク島」は、北海道オホーツク海側地域にまつわるクリエイティブな活動をうながし、つくり、つたえていくウェブメディアです。インタビュー記事や連載を掲載しているウェブサイトを中心に、Twitterやfacebook、Instagram、他にもMediumやSpotifyなど、各種SNSなどのサービス、リアルの場で実施したイベントも含め、これらの全体像を指して、インターネット地域メディア「オホーツク島」と呼びます。インターネット上を中心としたメディアアクティビティによって場を形成し、居住地域に関係なく、特定の実在する地域に影響を与えていくことを目指しています。そしていつの日か、地域そのものが存在しえなくなってしまったとしても、その地域に愛着を持つ人々の手によって、地域の文化が残されていくことを信じて。

審査員コメント

  • この作品はインターネット地域メディア「オホーツク島」をめぐるリサーチと Web メディア制作、それに展示という 3 つの活動を統合して 1 つの作品とし評価している。
    地域の文化のリサーチとメディアによる発信を通して、人と出会い、地域と真摯に向き合い、同時に自分とも向き合っていく姿には共感できる。ただ地域の文化同様に Web メディアも完成してからがはじまりで、それを継続させることが非常に難しい。ぜひこれからも自ら発見・発掘した魅力的なメディアとコミュニティを大切に活動を続けてほしい。

    萩原 俊矢 ウェブ・デザイナー