Pixmash

ゲーム|2017

森 拓馬 小嶋 優介, 阪尾 優徳, 小林 快斗

HAL名古屋

ENTERTAINMENT DIVISION SILVER

イラストをほとんど使わずにゲームの美しさを表現することにこだわった作品。プレイヤーや敵のスプライトには1px*1pxの白い画像のみを使用、それを様々な合成手法等を組み合わせて上手く表現し、イラストの美しさだけがゲームの美しさではないということを証明。 ゲームのコンセプトは「挟んで倒す」タッチした2点から「ピクセル」が発生し、指をはなすと引かれ合う。上手くその2つのピクセルを利用して敵を挟むことが重要となり、ただ挟むだけではなく、小さく挟んだり大きく挟んだり、敵の大きさ、動くスピード、自分の技量、残り時間 など様々な要因が入り乱れる中で適切に敵を挟んでいく事が必要となる。ピンクの敵は倒すことで攻略が楽になるが、倒さなくてもステージをクリアすることは可能であり、残したピンクの敵の数だけ制限時間が追加されるので、ハイスコアを目指す時はまた普段と違ったプレイスタイルが求められる。

審査員コメント

  • 全体的によく出来てると思いました。
    ゲームシステムがシンプルでありながら、多様な戦略が楽しめるようにレベルデザインされています。
    個人的にはもうちょい難易度が低く、気持ちよさを伝えるステージを序盤にもっと入れてほしかった。でももっと遊びたいと思わせるものがありました。

    市村 龍太郎 プロデューサー/株式会社スクウェア・エニックス
  • 今スマホゲームといえばわかりやすい操作で長く楽しめるものが世に溢れている中、この作品もわかりやすい操作とルールで作られており、難易度も程よい。
    メニュー画面の操作などもゲームの操作アクションと同じにすることで、ゲームを始める前から基本操作を使わせるなどの工夫でUXも非常によく考えられている。
    ただしクリエイティブ面は非常にもったいなく、正直、画面だけ見てもやりたいと思えないし、どうやって遊ぶゲームなのかもわからない。そこがすごくすごくもったいない。
    両手を使ってまで遊ぶゲームであれば、グラフィック部分や世界観を作り込まないと、腰を据えて体験してもらえるゲームにはならないのではないかと思う。
    根幹のアイデアはとても素晴らしいので、その分気になってしまう点も多いですが、それだけ可能性や伸びしろを秘めた素晴らしい作品だと思います。

    熊崎 一生 アートディレクター/博報堂アイ・スタジオ