群青

アニメーション|2016

内藤 遥一郎

日本工学院専門学校

審査員コメント

  • TVアニメーションの各種技法を堅実に踏襲し、見せたいものを丁寧に表現している。技術的にはつたないも部分も見受けられるが、画面設計やライティング、撮影効果などはよく研究されていた。青春恋愛ドラマを王道の展開で描いたことにとても好感がもてる作品でした。

    堀口 広太郎 プロデューサー/グラフィニカ