愛のかかと

アニメーション|2016

円香

東京藝術大学

審査員コメント

  • 舞台の書き割りのようにレイヤー感があるアニメーションが、まるで目の前で紙芝居や、人形劇を見ているような錯覚を生み出し、不思議な没入感をつくりあげている。物語に登場する女性たちは、現実世界の女性たちのリアリティを映し出しており、男である僕は鑑賞後にグッと寒気が走るような感覚になった。

    柳 太漢 インタラクティブディレクター/博報堂アイ・スタジオ