やけどとほし

アニメーション|2016

三上 あいこ

北海道教育大学

審査員コメント

  • とても小さなものととても大きなものがつながりあうこと。近年、短編作品も商業長編もともに見出しつつあるアニメーションの原理にこの作品も身を寄せているが、安易に巨大さや抽象性に身を任せることなく、小ささや具体性のうちに(等身大の感覚に)留まり続けようとしていることによって(つまり誰かの目を気にすることを拒絶しつづけることで)、少女であることの緊張感を手放さず、領域を守ろうとしている。

    土居 伸彰 アニメーション研究・評論