Cloning and Cannibalism

映像|2016

尾高 陽太

明治大学

審査員コメント

  • 一見すると人を食すというタブーを犯しているようで、気持ちの悪い感覚に襲われる。しかし、クローン技術の発展、食糧問題の深刻化、愛に対する価値観の変容等により、おこりうる将来を示している。そのような未来において、我々はこのような状況を違和感なく受け止めているのだろうか。時間差で異なる感情が現れた。

    藤木 淳 アーティスト・表現研究