String screen

インスタレーション|2015

花崎 夏来 久禮 遊馬

東京都立総合芸術高等学校

作品Webサイトhttp://natsukihanazaki.com

私が数年間にわたり表現活動の中心として来た映像やメディア、特に映像を映し出すという行為に対し、今までの概念を崩しそれによって生まれる新たな世界観を発見することを目的としたインスタレーションプロジェクトである。現在一般的な映像投影対象としての2次元および3次元的なスクリーンに対し、本プロジェクトは糸という1次元的スクリーンを使用し、それらを三次元的に張り巡らせ映像を投影している。つまり映像投影対象の次元を変えることに着目した新しい表現である。今回は、閉塞的で無機的な屋内と木々の生い茂る日本庭園の屋外への設置を試みた。これら対照的といえる場に設置された作品は、それぞれの空間の特性に呼応するかのように違った世界を創り出している。投影されてる映像は自らの過去に制作してきた作品郡をランダムに組み直したものである。自らの映像をこのスクリーン概念を崩すプロジェクトに投影することで自らの価値観ももう一度問いたい。

審査員コメント

  • 平面ではなく、線となったスクリーンから見えてくるのは、流れる光と漏れる光。投影されている映像の内容を鑑賞することはほぼ不可能である。映っている映像の内容とは関係のない、糸でできたスクリーンというタイトルから、本作がサウンドの印象的なインスタレーションの記録映像ではないことがわかる。投影対象としてのスクリーンの次元を変えることによって、3次元の世界を撮影し、その映像を2次元のスクリーンに投影すると、そのイメージを脳の中で3次元の視覚情報として処理する、一連のプロセスに対して問いかけているのである。ここで評価しておきたいことも、自分のモニターに映っている映像ではなく、映像メディアに根本的な諸条件を考え直す作者たちの観点である。

    馬 定延(マ・ジョンヨン) メディアアート研究・批評