りんごごりんご~おかえりわたし~

アニメーション|2014

田島 かおり

多摩美術大学

審査員コメント

  • 身体的なコンプレックスと向き合うことを題材に体のパーツを「りんご」、「にんにく」、「ごま」などに擬人化し現代の寓話としている。そもそもの設定やキャラクターのやりとりが微笑ましく、観ながら途中何度も笑ってしまった。水彩や鉛筆のタッチでぶれる画面の雰囲気がとても穏やかで作者の人柄が伝わってくる。可笑しなやりとりや台詞のシーンがたくさんでてきますが、演出意図にいやらしさがなく、観ている側の力を抜かせるエンターメントな作品だと思います。とても面白かったです。

    原田 大三郎 映像作家