どっと*むかし

インタラクティブアート|2014

井上 侑香

多摩美術大学

審査員コメント

  • この作品は、自分の姿をレトロな「ドット絵」に変え、そのレトロさの流れで「駄菓子屋」の中に入っていく仕掛けになっている。この手のカメラやkinectなどを使った、画面の中とインタラクティブな関係を作る作品は、いわゆるメディアアートや、インタラクティブな広告の手法としてこれまでに多くの作品が作られてきた。そうした前例がある中でも、この作品の世界観は独特で、ドット絵であることや駄菓子屋の1つ1つの商品や棚が動くさまはユーモラスだし、とても魅力あふれるものになっていると思う。

    谷口 暁彦 作家
  • 割烹着を来たおばあさんのいる駄菓子屋、あるいはその思い出に対する2014年の解像度。観客が楽しんでいる映像を見ているだけで、頭の中のどこかから懐かしいゲームの電子音楽が再生される。何をもって「むかし」とするのかは、「いま」を表現するもっとも効果的な方法のひとつだと思った。

    馬 定延(マ・ジョンヨン) メディアアート研究・批評