「RayTapetion」

インスタレーション|2014

糸田 泰明 棚倉 雄太, 村田 修規

大阪電気通信大学

審査員コメント

  • テープという日常的で余りにチープなアイテムから生み出された作品は、とても壮大で生命の神秘さえ感じられるギャップある非常に魅力的な作品に仕上がった。さらにプロジェクションマッピングによってテープが内側で乱反射する様子は血液や生命の胎動を感じ、作品に命そのものを吹き込んでいて素晴らしい。動画作品としても非常にクオリティが高く、最後に映る全体像には誰もが美しさと不気味さの混じり合った複雑な感情を生み、その感情にこそこの作品の本当の狙いがあるのだと感じられる。

    谷口 充大 ディレクター/テトラ